読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-07-25 ここでしか食えない『てっちゃん鍋やすもり』の「てっちゃん鍋」がビールに合すぎる!

チェーン店が幅を利かせるようになったこの時代にオリジナルメニューが食べれる個人店は貴重です。

そして、最近ではオッサンの聖地だった「高架下」に女史達がこぞって進出してきているそうです。

ひとりのオッサンとしては嬉しいかぎりです。

今回は、オリジナルメニューで高架下の名店をご紹介します。

★★★

阪神「尼崎駅」から徒歩数分の高架下に『てっちゃん鍋やすもり』が在ります。

高架下です。

IMG_6615

店名にあるとおり「てっちゃん鍋」が名物です。

IMG_6604

席につくと、さっそく特注の鍋が出され、火をつけます。

IMG_6605

それから飲み物の注文です。

やはりここは生ビールですね。

そして、女将さんが手際よく鍋を用意してくれます。

てっちゃん、ホルモン、他2種類の肉をのせ、さらに、もやし、ニラ(冬場は水菜になるそうです)、豆腐、糸こんにゃくが積み重ねられます。

IMG_6607

水気は一切なし。

でも火が通りだすと野菜の水分とタレで少しずつ「鍋」になっていきます。

IMG_6609

さらに火がとおると。

IMG_6610

なんでもこのタレは38種類のスパイスが入っており、この店の完全オリジナルだそうです。

なのでここでしか食べれない代物ですね。

出来上がると、女将さんが「もやしから食べてね」とおっしゃったので、もやしをハフハフ言いながら食べだしました。

そして、ホルモンや肉にも火が通ると、野菜と一緒にからめながら食べます。

タレは甘みと辛みが複雑に絡み合い、コクのある深〜い味です。

残念ながら、仕事があるのでニンニクを入れませんでしたが、入れるとさらに美味しさが倍増すると思います。

そして半分ほど食べると、そば投入です。

そばに火がとおると最後に生卵を落として完成です。

IMG_6611

タレと野菜と肉のエキスが混じり合って、そばがバリウマです。

IMG_6613

サイドメニューも充実していますが、ボクは「てっちゃん鍋」一人前と生ビールで十分満腹になりました。

ごっつあんでした。

★★★

関連ランキング:鍋(その他) | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅