神田の名居酒屋『みますや』は何度行っても新しい!

平日の夕方の6時半の山手線。

このまま東京駅まで行って、駅弁でも買って、おとなしく京都へ帰るか。
それとも神田で降りて『みますや』へ寄るか。
迷った。
そもそもこんな時間に『みますや』に行って、座れるのか。
 
男には雑踏の中に紛れてひとり自分と向き合いたいときがある(かっちょええ)。
今日はそんな日だ。
よし、迷った時は行く。
神田で下車して一路『みますや』へ向かった。
歩くこと10分。
 

f:id:sanshirousouken:20160619152117p:plain

 
入口の引戸を開ける前から、店内の喧騒が耳に飛び込んできた。
これはかなり混雑していそうだ。
 
ガラッと開けたら、目の前のテーブルは満席だった。
右手に見える小上がりも満席。
左の座敷も満席。
オーマイガー!
と思っていたら、アジアンなまりの日本語を話す女史に、奥の相席なら空きがあると促された。
 
大きなテーブルの誕生日席。
サラリーマン風の二人連れが二組、若い男子二人組、それと怪しげな男と女。
そのテーブルの誕生席は、それぞれの組の会話が嫌が上でも耳に飛び込んでくる。
まぁいい。
その辺は受けながすべを身につけている。
それに喧騒のなかにこそ、本当の静寂があるとも言える。
しかし店内を見渡すと、よくこれだけ老若男女が集まったものだ。
万人の欲求を満たす何かがこの店にはあるのだろう。
 
とりあえず生ビールを注文した。
お通しと一緒に配膳された。
お通しは「もやしのポン酢和え」である。
これと生ビールでしばしこの空間に溶け込む。
もやしを口に運んでは、ビールをグビッとやる。
そして次の注文に思いを馳せる。
 
熟慮の結果、焼きとり3本をチョイスした。
なぜなら右前の若者二人組がこれを食べており、とても美味しそうに見えたという単純な理由である。
しかし混雑してるので、なかなか出てこない。
お通しで生ビール一杯終了
 
何度となくこの店に足を運んでいるが、焼きとりを注文したのははじめてかもしれない。
最近は、焼きとりをオーダーすると、タレか塩か聞いてくる店が増えたが、ここは違う。
無条件にタレである。
 
ご近所に座っている怪しげな男女が、それぞれ自分のモテ自慢を開陳しだした。
女性のモテ自慢はかわいいものだが、いい大人の男のモテ自慢はいただけない。
気になるのは、二人が一切料理に手をつけずに話し込んでいるということ。
料理が冷めまっせ。
 
しばらくするとようやく手元に3本の焼きとりが運ばれてきた。
来た来た。
大きめに切った鶏肉が濃厚なタレでしっかりとコーティングされているというビジュアル。
七味ぱらりとして一口ほおばってみた。
食べてみるとタレはあっさり系である。
また鶏肉は固めで歯ごたえのある淡白な味である。
この焼とりで二杯目のビールが終わる。
 
そして二品目の注文を考える。
ものが選べるって幸せなことですなぁ。
新幹線の時間まで、それほど余裕がない。
急がねば。
 
ということで、いつも注文する「さくらさしみの赤身」に落ち着いた。
大好物である。
ニンニクは明日も仕事があるので、断腸の思いで「無しでお願いします」と断った。
誰か強引に「ニンニクを一緒に食べずして、さくらさしみを語るでない」と叱って欲しかった。
そしたら「ええい、明日のことなどどうでもよいわい。おねえちゃん、ニンニクおもいっきり乗せてちょうだい」と言ってたと思う。
意思が弱い。
 

f:id:sanshirousouken:20160619153408p:plain

 
馬肉に生姜を乗せて、醤油にちょんちょんとつける。
一枚ずつ味わう。
熊本のように甘みある醤油ではなく、普通の濃口醤油です。
馬肉特有のねっとりとした口あたり。
淡白ななかに、かすかに感じる肉の甘味。
ウマいわぁ。
 
そろそろ新幹線の時間が気になりだしたので、今日はここまで。
夕方の小腹を満たすには最高の時間であった。
先ほどの男女はまだ料理に手をつけておらず、自慢合戦の継続中であった。
 
ご馳走様でした。