読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌「だるま本店」でジンギスカンを堪能!

焼肉

札幌はメジャーな食べもがいっぱいありますよね。 味噌ラーメン、海鮮物(毛ガニとか)、スープカレーなどなど。 ジンギスカンもそのひとつ。 数年前に札幌の方にジンギスカンのオススメ店を聞いて、教えてもらったのが『だるま』で、それ以来通っています。 今回、久しぶりに『だるま本店』お邪魔してきましたので、ご紹介します。

IMG_8352

スポンサーリンク

★★★

『だるま本店』の開店時間は17時。 16時30分頃にススキノに到着したので、開店時間まで近くをウロウロしていました。 10分前になって、そろそろ行こうかとお店へ向かい、前まできてビックリ。 すでに行列ができているではありませんか。

IMG_8351

ボクが列に並んだ後もどんどん人が並びだしました。 半分ぐらいは海外のお客さんのような感じで、訪日外国人が増えていることをここでも実感しました。 このお店はあまり広くないので、一度に入れる人数もそれほど多くないので、入れるかどうか微妙な位置。

そしていよいよ開店。 気をもみましたが、開店早々にどうにか入ることができました。

コの字型のカウンターの席に座り、まずは生ビールを注文。 なぜ極寒の地で飲む冷え冷えのビールがこんなにウマいのか不思議です。

IMG_8355

ジンギスカンは炭で焼きます。 炭の熱が顔の頬まで伝わってきます。

IMG_8354

メニューはキムチとかのサイドメニューはあるものの、メインはジンギスカンのみ。 1人前を食べ、まだ食べたかったらもう1人前追加するというシステムです。

まず最初に店員の方が玉ねぎと葱を両手でドバッと鍋にのせます。 真ん中に脂身が置かれ、そこから流れる脂で野菜がうまい具合に焼かれます。

IMG_8359

玉ねぎと葱を焼いていると肉が運ばれてきます。 1人前は110g。 赤身中心のさっぱりした羊肉です。

IMG_8356

これを焼きます。 鍋から玉ねぎが落ちようがお構いなしで、豪快にジュージュー焼きます。

IMG_8361

肉が焼けるとつけダレにつけて食べます。 超ウマい! 肉の甘みもある。 そこそこの肉厚があり、弾力もあります。

つけダレは醤油ベースで少し甘みがあるさっぱりタイプです。 ジンギスカンは赤身が多く、もたれないので結構量も食べれます。

IMG_8360

このタレにショウガとニンニクを入れるとさらに旨味が増します。 たまりましぇ〜ん。

IMG_8362

結局3人前(330g)をたいらげました。 でも全然もたれない。 ラブリーなお店です。

Information

関連ランキング:ジンギスカン | すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)資生館小学校前駅