2015-06-30 新橋『牛かつ おか田』で関西にはない「牛かつ」を堪能!

最近、東京で出店が相次いでいる「牛かつ」専門店。 そのなかでも新橋の名店『牛かつ おか田』に行ってきました。

IMG_6262

さっそくご紹介しましょう。

★★★

先日のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)で紹介されたからでしょうか、11時の開店早々に行ったのですが、すでに階段のうえまで行列ができていました。 普段ならこのような場合スルーするのですが、この日は次の仕事まで時間的に余裕があったのと、続きを読みたかった本(ピエール・ルメートル著「死のドレスを花婿に」)があったので、むしろ丁度都合がよかったので並ぶことにしました。 かなりの待ち時間を覚悟していたのですが、案外あっさりと順番がまわってきました(待ち時間約20程度)。

IMG_6260

座席が15席ほどしかないこじんまりとした店内です。 注文は、メニューに書いてある番号で伝えるというシステムになっています。

IMG_6263

ボクは9割のお客さんが注文するというこのお店の人気メニュー「牛ロースランチかつセット」を食べたかったので「3番をお願いします!」。 そうすると店員のお姉さんが「醤油とソースを入れてください」と2つにわかれたソース皿を置いてくれます。 醤油とソースはカウンターの上にあります。

IMG_6270

左が醤油、右がソースです。

IMG_6264

そうこうしていると牛かつが運ばれてきました。 キターーーーーーーっ!

IMG_6309

こちらは特長は、牛かつをなんと210度の高温でたった30秒間揚げるところです。 なので中は半生です。

IMG_6307

まるでトロですわトロ! 半生の牛かつにわさびをのせて、醤油をつけて食べるんです。

IMG_6306

クぅーーーーー! 和風です。 ご飯ガツ食いです。 どんどん口に運んでしまいます。

そして、ソースにつけてもこれまたウマい! 醤油つけて、ソースつけて、それでまた醤油つけて・・・。 それを繰り返していたら食べ終わっていました。 あ〜あ夢の時間が終了です。

そら客の回転が早いですわ。 30秒で揚がるスピードと食いまくらせる味。 サイコーです。

ごっつあんでした。

帰りにカウンターの男性客が「特性牛ロースソースかつ丼」を食べているのを見てしまいました。 これすごい。ものすごくウマそうです。 近々、コレ食べにいきます。

★★★

関連ランキング:洋食 | 新橋駅汐留駅内幸町駅