難波の『大黒』さんで「かやく御飯」と魚の煮付けを食す!

はじめに

明治35年(1902年)からの営業というから100年を優に超える老舗中の老舗のお店。
 
それが今回ご紹介する『大黒』さんです。
 
f:id:sanshirousouken:20160527171326j:image
 
池波正太郎氏が通ったという名店の暖簾をくぐって、相席が条件の白木のテーブル席に場所を確保しました。
 
店内のいたるところに店名の大黒様が飾られています。
 

食事

玄関の提灯に大きく書かれているとおり、ここの名物は「かやくご飯」です。
これを頼まない手はない。
 
大、中、小とありますが、中でもどうでしょう小ぶりの丼鉢一杯分ぐらいあります。
 
今日は小(400円税別)を注文しました。
 

f:id:sanshirousouken:20160608212206p:plain 
女性なら小でも十分だと思います。

味はバツグンです。見た目は薄味に見えますが、しっかりと出汁がきいていてウマい!

 そして「かやくご飯」と一緒に注文したのが、「かれいの煮付け(600円税別)」です。 


f:id:sanshirousouken:20160608212557p:plain 
こちらは「かやくご飯」とのバランスを考えられているように薄味のやさしい味付けです。

これでこの「かれいの煮付け」の味付けが濃ければ、食後のお腹にズシーんと重たく残ると思います。まさにいい塩梅です。 

そして汁物は「すまし汁」「赤みそ」「白みそ」の3種類から選べます。

さらに具も「はまぐり」「とうふ」「玉子」の3種類から選べ、計9種類のバリエーションがあります。

僕は「赤みそ」の「とうふ」をチョイス。

 
f:id:sanshirousouken:20160608213157p:plain

これものすごく美味しいのですが、熱々で出てくるので、猫舌の方は注意してください。

いや〜タイムトリップしたような歴史を感じる空間で和食をいただきました。もちろん

完食で、今日もご馳走様でした。

店舗情報

関連ランキング:定食・食堂 | 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)JR難波駅