岡崎の『岡北』さんの「天とじうどん」は高いレベルで安定感している美味しさ!

はじめに

平安神宮近辺は岡崎と言われている地域です。

このあたりは美味しいお店が多いのですが、そのなかでも指折りの人気店が今回ご紹介する『岡北』さんです。

海外からのお客さんや大きな荷物を抱えた旅行者が、観光情報からこの『岡北』さんを目当てに来ているようで、いつも行列ができています。

今回は開店時間早々に行きましたので、すぐに入れました。

 

f:id:sanshirousouken:20160519114147j:plain

 

案内されたのは二人掛けのテーブル席。

背もたれが竹細工でできており、「和」が演出されています。

f:id:sanshirousouken:20160519115725j:plain

 

店内はライトダウンされており、格子戸から晴れた岡崎を往来するひとびとを眺めることができます。

それぞれの席はゆったりとしたスペースが取られており、席と席の間隔もほどよく空間であって圧迫感はありません。

店内はピアノジャズがBGMとして流れていました。

たまたまこの時だけかもしれませんが、女性の一人客が多かったです。

 

食事

注文は「天とじうどん(1,300円)」を選択。

 

f:id:sanshirousouken:20160519120328j:plain

 

玉子とじに大きな海老天が2尾分のっています。

海老1尾を選択することができます。

この場合は1,100円と200円安くなります。

僕はノーマルの2尾のままで。

 

玉子とじはかつお出汁と相まってやさしい味わいになっており、五臓六腑に染み渡ります。

感動の味です。

海老天はかなり大きなもので、プリプリで食べ応え充分でした。

 

f:id:sanshirousouken:20160519120410j:plain

 

この『岡北』さんでは、湯搔きあがった直後のうどんを提供してもらえるので、湯搔き時間10〜15分程度かかります。

でもそれだけ待つ値打ちはじゅうぶんにあります。

うどんは細麺でツヤがあり、京都のうどんでは比較的コシのある方だと思います(写真ピンボケですみません)。

 

f:id:sanshirousouken:20160519120420j:plain

 

丼も大振りでうどん一杯でお腹いっぱいになりました。

完食でごっつあんでした。

 

ちなみに会計用のレシートもこのような入れ物に入れてテーブルに置かれていました。

 

f:id:sanshirousouken:20160519121629j:plain

 

店舗情報

個人的評価:★★★★★(絶対もう一回行きたいお店)

関連ランキング:うどん | 東山駅蹴上駅三条京阪駅